2014年05月22日

ヨーグルトを使ったファスティング(断食)健康法

最近ではプチ断食をする事で、体の調子を整えたり、ダイエットを行う人が増えているそうです。

現代人は、不規則な食事や間食の影響で腸内にいつも食べ物が入っている状態になり、内臓に負担をかけています。

そこで一日断食をする事によって内臓を休めて、弱った体内機能の回復をはかるのがファスティング(断食)健康法だそうです。

しかし、断食といってもまったく食べないという訳ではありません

あくまで固形物を口にしないようにするだけであり、ヨーグルトやゼリー飲料などで食事は行います。

断食期間中にヨーグルトを摂ることで、腸のリセット効果が高まることもヨーグルト・プチ断食の大きな特徴。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌の腸内環境正常化パワーで、便秘が解消するだけでなく免疫力もアップし、風邪をひきにくくなる、ニキビや肌荒れが改善するなど、様々な健康・美容効果が期待できます。

1食分は100〜120g(小パック1個ぶんくらい)。

生きて腸まで届き、悪玉菌を抑える効果が認められている「プロバイオティクス効果の乳酸菌」と表示されている製品を選びましょう。

断食明けの第1食と第2食は、急に普通の食べ物を食べると胃腸に負担が掛かるのでお粥のような消化に良い物をゆっくり時間をかけて食べるようにしましょう


プロバイオティクスヨーグルト通販情報を知りたいならココをチェック!
プロピオン酸菌ヨーグルト「プロピル」
posted by mhz8n9cbbc at 17:56| Comment(0) | ヨーグルトでダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。